賀正!

 門松 謹 賀 新 年 門松

明けましておめでとうございます。おじぎ

 

最近はインスタの方が優先しており12月の旅レポ3本UPが

 

滞っておりますが、、、。

今年もニコニコ、ポジティブに ニコニコ
平和な心でピースで生きましょう!ピース
良い旅を!良い出会いを!
本年も宜しくお願い致します。
東京2020オリンピックカウントダウンライトアップ

秋山郷へ2019 紅葉を求めて、、、。

小さい画像はクリックすると大きくなります。

 

さて、

 

年は紅葉を見に行けず、、、。

"秋山郷"へ行くときは情報収集するものの毎回見頃の時期が予測できなかった

のだが今回はインスタの"フォロワーさん"が秋山郷に住んでいるのでDMした
ら今年の見ごろは今週一杯くらいと言うことだったので、天気予報では曇り雨
であまり思わしくなさそうだったのだが10月下旬に平日休みが取れたので2年
ぶりに行ってきた。
夜出発し途中夕飯を食し深夜に"道の駅南魚沼"に到着し仮眠。翌朝、栄村に向
かった。天気は” →時々 "も覗かせてくれた。
今年は台風19号の影響で通行止めになっている箇所と過去の訪問時より葉も
散り気味ではあったがスポットによっては綺麗に色づいている所もあったので
満足した紅葉狩りとなった。

 

 見倉橋

 

 

山郷の宝石と言われる見事な木製の吊り橋で橋から眺める中津川渓谷と木々

は見応えがある。
映画やNHK大河ドラマの撮影にも使われた新潟の橋50選に選定された橋。

 

 

 

 天池

 

は白樺に囲まれた自然にできた池でこの日は雪が散らつきくほど冷え

込んでいた。鳥甲山や白樺などの樹々が写りこみ、リフレクション撮影には絶

好のポイント。平日だったので人もまばらではあったが天気が良いと池の周り

は写真愛好家で埋め尽くされる。

 

 

 

 切明温泉@夫婦滝

 

山郷の最も深部に位置する温泉と夫婦滝。少し見頃は過ぎていた。滝付近ま

で行けるのかは不明なのだが毎回切明温泉の橋の上から望遠レンズで撮影。

 

 

 

 見玉公園

 

落としを真近に見ることができ雄大な景色を堪能する事ができ遊歩道となっ

ており手軽に散策する事ができる。

 

 

  

 布岩

 

状節理の岩で今回唯一青空になってくれた布岩。
この絶壁岩をは有志が草刈りや岩場を整備しこの景観を保っているとのこと。

 

 

2年ぶりの秋山郷であったが、台風の影響で道も崩れていて整備中の箇所も見

かけたが今回も十分満足できる紅葉狩りとなった。

 

 

 利用した道の駅

 

  南魚沼

 

 

 


八ヶ岳で再会。

さて、

  

10月の下旬に昔からのネットの友達、いろはちゃん家と「八ヶ岳」でお会いした。
会う前日に「道の駅こぶちさわ」に隣接されている「延命の湯」へ。
母親の実家が韮崎なのでこちら方面には子供のころから頻繁に訪れるのだが延命の

湯は初めての訪問。空いていてのんびり浸かることができた。

 

 

朝、昔から頻繁に来ているの「八ヶ岳農園」で買い物をして待ち合わせ場所へ。
昨年末に名古屋でお会いしているので10か月ぶりの再会。

 

 

夜、土砂降りだったのでキュートはゴロゴロするので全身びしょ濡れになったが
次第に天気も回復し、ひとしきり走った後、昼食へ。
いろはちゃん家は清里方面は通なのでペット同伴可のイタメシ屋さん「パスタ&ピザガーデン マジョラム」さんへ。
筆者はクリームが濃厚なカルボナーラを美味しくいただいた。

 

 

昼食後は「道の駅みなみきよさと」へ。
ケーブルカーで花の森公園を散策。このケーブルカーにはガイドのおじいさんが同
乗しているのだがいくつネタがあるのか不明だが往復真面目な口調で淡々と披露し
てくれる

 

 

朝から夕方までたくさん話をして楽しい時間も あっという間。
いろはちゃん家はこの日、清里 のペンション泊なので年末? の再開をお約束して
解散。我が家は帰りがけにいつもの「サントリーレストランじんぐう」で夕飯をい
ただく。 筆者は麺続きだが無性にラーメンが食べたかったので チャーシュー麺を
注文。基本的にラーメンは魚介系を好むのだが、じんぐうの 醤油ラーメンは別で好
みの味。再会を楽しみにしていたのだが、中央道&甲州街道も台風の影響で数日前
から「通行止」が続いていたので行けるかどうか?だったのだがお会いする前日に

開通し今回も楽しい時間を過ごすことができた。

 

 

 利用した温泉・道の駅

 

  延命の湯

 

  こぶちさわ/はくしゅう

 

 


2泊3日 のんびり猪苗代湖、滝とハンバーガーの旅

小さい画像はクリックすると大きくなります。

 

さて、

 

の結婚式の翌日、平日3日間休みを取っていたので、前記事、本来は「福島、

栃木、茨城方面」に行くつもりだったのだが台風の影響で取りやめて木曽に行

ってきたのでこの3日間は冬は20年間スノーシューで猪苗代、裏磐梯へは行

っているのだが夏はすっかりご無沙汰だったのでキュートを猪苗代湖で泳がせ

滝の撮影2カ所程度のショートキャラバンに出かけてきた。

 

 天鏡台

 

 

年猪苗代には来ているが初めて来た「天鏡台」猪苗代湖を一望することがで

きる。駐車駐場も完備されているので今シーズンはスノーシューで来たいと思

うがキャンピングカーではちょっと厳しいかも、、、?

 

 

 

 レンゲ沼

 

「裏磐梯中瀬沼探勝路」はスノーシューでは毎年来ているのだが、

夏は初めての訪問。裏磐梯サイトステーションの駐車場にランディを停め遊歩道

を歩く。冬はあたり一面雪原だが、9月中旬は緑と紅葉し始めの木々や高山植物、

裏磐梯に多く自生する草木や山野草を楽しむことができる。

 

 

 

 猪苗代@HERO'S DINER

 

年の2月にスノーシューで裏磐梯に来た時に初めて訪問し、すっかりお気に

入りになった「HERO'S DINER」

アメリカンサイズのハンバーガーで、バンズが無くなり次第閉店になるので、

要注意である。パンの食感とボリュームたっぷりの大きさと厚み、肉汁たっぷ

りのハンバーグと美味しいチーズ、自家製ベーコンが何とも言えない美味しさ。

 

 

 

 猪苗代@喜多方ラーメン館

 

苗代湖畔にある喜多方ラーメン河京「ラーメン館」に出向いた。お土産やと

食べ放題コース、通常のメニューがあるのだが流石にラーメンの食べ放題は気が

引けたので普通に一杯のラーメンとミニカレーを食す。

出されるときは、おぼんではなくおかもちでラップに包まれてという演出。

お味はどうしても魚介系&こってり系を好む筆者は今一つ物足りない感じはした

があっさり系を好む方はいいかもしれない。カレーはレトルト?だったのが残念。

お土産品は充実しているのでお勧めである。

 

 

 

 猪苗代湖

 

Cuteはビビリなのでおそらく湖では泳げないだろう。「田志浜」でと泳がせ

ることにした。案の定、波が怖いらしくおもちゃを投げても腰が引けて湖に入る

ことはできず仕方ないので筆者も入り訓練したらやっと自身で入ることができる

ようになった。砂浜での高速ゴロすり。ある程度予測していたので予めランディ

に70Lのシャワー水を満タンにしておいたのでシャワールームでスッキリ。

 

 

 

 達沢不動滝

 

苗代にある「達沢不動滝」へ。数年、道の駅猪苗代のポスターでよく見かけ、

猪苗代では有名な滝で駐車場からも徒歩10分とアクセスも良さそうなので、

今回初めて行ってみた。妻はちょっと体調が悪かったのでキャンカーで留守番。

キュートに付き合ってもらった。

滝の入り口に「クマよけの鈴を携行してください」と立て看板があったのでキ

ャンカーに戻り出発。しかし、ゆるやかな山道を登りながら10分歩いても20分

歩いても滝は一向に現れす、トイレもあったので滝の駐車場だと思っていたの

だがどうやら違った様で  30分ほど歩いてやっと滝に一番近い本来の駐車場

に到着。 でも所々キャンカーでは厳しそうな所もあったので結果的に歩いて正

解だった。周囲はブナの原生林に囲まれ幻想的な雰囲気を醸し出しておりパワ

ースポットとしても知られている。

 

 

 

 小野川不動滝

 

磐梯の「小野川不動滝」は以前、凍結した滝を見に来たことはあるのだが、

入口の鳥居が雪で埋まるほど積もっており、鳥居の前が広い駐車場になっている

が入ってこれないのでもっと下からスノーシューに履き替えて登って来るのだが

近いと言う記憶があったのだが、先がわからない階段を登り、またこの階段が最

初はゆるやかだが後半は急でらせん状に登って行くので汗だくになり結構息もあ

がった スノーシーズンは積雪でゆるやかな登り坂でシュートカットされている

のか?近いイメージがあったのだが30分程で到着。小野川不動滝は落差が大きく

迫力があり見ごたえがある。

 

 

今年の9月は北海道へ行けなった分「長野、岐阜、福島」と 夏に行けなかった

スポットに行くこともできたのでマイナスイオンを十二分に浴びた旅となった。

ザックリと2泊3日の旅レポでした。

 

 利用した温泉・道の駅

 

 磐梯熱海温泉 湯のやど楽山

 

 猪苗代/裏磐梯/ばんだい

 

 

 


2019夏・木曽路の旅 Vol.3

画像はクリックすると大きくなります。

 

 さて、
 の三日目の朝を迎え9時にRVパークをチェックアウトし、

 前日に引き続きキュートを泳がせに行く。
 この日は特に予定も無かったのでその後、帰ろうと思ったのだが、
 前日、再び岐阜まで足を延ばし"付知峡"に行こうと思ったが、

ダラダラしていたら時間も中途半端になってしまい過去に2回行っ

ていたので"いいかな"と思ったがキュートとは行っていないのと、滝の写真も撮りたかった

ので行くことにした。

 

 

ュートは、はしゃぎ過ぎて大した事ではなかったが肉球と爪を負傷しまい血が止まらない

状態だったので渓谷を後にし、お昼前だったので腹ごしらえ。

向かったのは"台湾料理 萬里香"なぜゆえ木曽に来て台湾料理なのかと言うと、
前夜にいつもの食べログや口コミでリサーチ

結構評判が良かったので訪問することにした。

 


 

になると地元の人や会社員、作業員でほぼ満席状態に。
毎週"充電させてもらえませんか"を視聴しているのだが、木曽路の旅は見た記憶があるが

この店に来訪した事は覚えていなく、たくさんの写真が飾られていた。

東京も外国人の方の母国料理の店舗を多く見かけるが、日本人向けの味付けをしていると

思うので今までハズレもほとんどなく、今回も美味しくいただいた。

 

 知峡に到着。
 平日なので空いてはいたが、炎天下でちょうど観光バスも一緒に

 なってしまったので昼食を取ってそのまま来たこともあり一時間

 程休んで散策へ行くことにした。
 アップダウンはあるが一周800mほどなので手軽に散策できる。

陽が沈みはじめ東京に戻ろうと思ったのだが、

翌日は雨予報ではあったが   休みも取っていたのと、これから300Km以上走るのも、、、。

もう一泊して朝から道の駅でも立ち寄りながらのんびり帰ることにした。

 


 泉アプリで  付知峡のすぐ近くに日帰り温泉があったので
 "付知峡倉谷温泉おんぽいの湯"で入浴。
 P泊地は"道の駅加子母"  に行くことにした。
 この日は熱帯夜で、かなり車内の温度が上昇していたのだが、
 RVパーク泊と日中のソーラー充電でバッテリーもほぼ満充電

 だったのでエアコンを稼働させ朝まで快適に眠ることができた 
 

朝、もう一カ所行ってみたスポットがあったのだが予報通り雨で道の駅に立ち寄りながら

帰路についた。今年も北海道へ行けなかったが、日数は少なかったが木曽の旅も天候にも恵ま

れ充実した旅となった。

インスタはブログに掲載していない画像をUPしているので良かったどうぞ!

 

 利用した温泉・道の駅

 

 二本木温泉二本木の湯木曽温泉せせらぎの四季付知峡倉谷温泉おんぽいの湯

 

 日義木曽駒高原木曽ならかわきらり坂下茶の里東白川賤母/加子母

  五木のやかた・かわうえ

 

 


2019夏・木曽路の旅 Vol.2

 

 さて、

日目は”阿寺渓谷”へ。10数年前に先代犬リンと初めて訪れ

 その渓流美に魅せられ数年おきに訪れている。

 キュートはリンと違ってとにかく"弱"で最初のうちはハイテ ン

 ションなのだがすぐ疲れてしまう傾向があるので1時間もいれ

 ば満足するらしい。

キュートのもういいかなぁ〜感が出てきた所でランディー内でシャワーをして撤収。

 

ゆっくりめだったのであっと言う間に昼になり昼食は前夜、食べログや口コミで調べ

評判の高かった大桑村のお食事処"くらんぼ"さんへ。

 

 

州サーモンフライとスペアリブのほろほろ煮を注文。
サーモンももちろん美味いがスペアリブのほろほろ煮は確かにほろほろで濃いめの

味噌の味付けはごはんのお供になる。味噌が旨いのか味噌汁も美味かった。
メニューの品数も結構あるので是非次回も行ってみたい店だ。

 

 

の日、関東は台風で大荒れだというのに木曽はとにかく暑く観光でキュートを

連れまわすのも酷なのでRVパークに戻りクーラーの効いたキャンカー内でまったり。

夕方涼しくなりキュートを走らせ温泉へ。

 


 

 天然温泉  "せせらぎの四季"へ。

  "せせらぎの四季"ですよ。2年前に盗難事件のあった。
 今回はちゃんと鍵付きのロッカーにすべて入れました 
  ※その時の記事

 

 

2日連続で泳いで走ってキュートも夜はお疲れの様子。 夜になれば涼しく

なると思ったのだが、この日の木曽は熱帯夜だったのだがRVパークでバッ

テリーを気にせずエアコンを稼働し朝までぐっすり。

画像はクリックすると大きくなります。

 

 


2019夏・木曽路の旅 Vol.1

 

 さて、

 

 日も記事にしたが今年は”北海道”へは行かないので
 その代わりとして何処へ行くか悩み
 当初の予定は"福島、栃木、茨城"としていた。

 冬のスノーシューでは毎年"裏磐梯"に来ているが、
 夏はすっかりご無沙汰なので猪苗代湖で泳ぎ滝の撮影と思っていたのだが
 台風が関東に接近するのと福島、関東は影響が出そうだったので
 進路を見ながら決めることにし出発直前に2年ぶりに"木曽、岐阜方面"

 変更した。

 

9/7(土)深夜に道の駅日義木曽駒高原にP泊し翌日向かったのがちょっと

足を伸ばして岐阜中津川市のの"夕森公園"

キュートが泳げそうなスポットがあれば泳がそうと思っていたので
一番短い竜神の滝までのコース。

”坂川森林鉄道モニュメント”を見ながら散策路へ。
 

 

”もみじ橋”から”竜神の滝”までの遊歩道は見ごたえがある。”パワースポット竜神の滝”
パワーを送る”神秘の滝”としても知られているらしい。

もみじ橋への下に降りれるのでココでキュートを泳がせる事にした。

 

 

ばらくして駐車場に戻り再び木曽方面へ。
途中、木曽の蕎麦を食べたかったので数年ぶりに親子丼、ざる蕎麦の学生喰い

蕎麦も美味かったのだが親子丼の鶏肉が炭火焼だったのと、
親子丼の卵が固めだったのでおいしくいただいた。

 

(カツ丼や親子丼は汁っ気の多いグチャグチャなのはあまり好まない筆者)

 

  回のP泊地は前回もお世話になった

 ”RVパーク木曽ふるさと体験館”この日は暑くキャンカー内の

 エアコンをフル稼働。 夕方になりキュートを走らせ温泉へ。
 温泉はRVパークで近くの日帰り温泉2軒の割引券を頂きこの

 日に行った のは木曽御嶽山麓にある”二本木の湯”

 天然炭酸泉で泉質はとても良い。だ、おすすめできない点も

 ・・・。ちょっとココでは書けないので。

気にする人はものすごーく気になります。自分はあまり気になりません

聞きたい方はDMを下さい。

 


歩いて、泳いで、走ってキュートも満足した一日になったのではないかな。

画像はクリックすると大きくなります。

 

 


北の国へ2019・・・は。

さて、

 

昨年は渡道直前に、

 

北海道胆振東部地震で未曾有の被害と言う事もあり渡道を見送った。

 

今年は本来ならば今まで通り、9/12〜9/23まで今頃渡道する予定だったのだが、

 

今年も見送り。

 

キュートが来たのが2014年の8月だったのでその年は行かなかったのだが

 

2年連続は初めてかなぁ〜。

 

今年は姪の結婚式があり見送ることに。

 

まぁ〜おめでたい事なので。なぜあわててこの時期に結婚式を?

 

と聞くと増税前に!

 

すばらしい!

 

 


MacBookにWindows10をインストール。

さて、

 

旅のお供にキャンピングカーに持ち込んでいるMacbook。

 

クレソン時代から地図ソフトに今まで訪れたポイントが

 

数千カ所登録しているのだが、

 

このソフトがMacには対応しておらず、

 

新たに・・・とも思ったのだが、

 

折角の記録を"また一から"と言うのも何なんで、

 

BootCampアシスタントでMacにWindows10をインストールした。

 

 

ストレスもなくサクサク動いて満足な筆者。

 


ランディのショック交換。

さて、

 

5月にバンテック埼玉店へ行ってきた。

明らかに新モデル?と思わせるパンフを発見してしまい
店長からはちょっとまだ内緒で、、、と言われたのが、
今販売されている"ZIL REIWA EDITION"のパンフ。

他にも情報収集してきましたが・・・・。

 

 

今回の目的は、

昨年の年末の旅の時、乗っていて「あれ?」って
思う様になり、
高速を降りるときのループで踏ん張りが効かないというか、
カーブでスピードを出すわけではないので横転する事はないと思うが、
凹凸部ではビョンビョン跳ね、
何もわからず乗っていたクレソン純正時の時と同じ感覚。

 

今年の10月で乗り出して5年経過するランディ。
走行距離53000Km。


流石にランチョの寿命と思い"ショックアブソーバー"
交換することにした。

 

 

クレソンでは
純正 ⇒ ランチョ ⇒ ビルシュタイン
ランディは
納車時再び定番のランチョRS9000XL。
クレソン装着時から10年以上経っていたので構造も改善され
良くはなっていたのだが、

 

自分の印象はランチョが「剛」ならビルは「柔」って感じで
コーナリングでの初期挙動はトヨタ純正サスのように
柔らかいロールだがその後の踏ん張りは純正サスとは別次元。
コーナー立ち上がりでの揺り戻しもランチョより収束が
速いっていう感じだ。
また首都高速の継ぎ目などはランチョの場合「ガンッ!」って
鋭い突き上げがきた後少々暴れるがビルは「シュタッ!」って
感じで収まる。
総じてビルの方が柔らかい乗り心地だが踏ん張る。

 

なので今回はランチョにする気は全くなく、
モンローにするかKYBにするか悩み店長にいろいろと話を聞いて
自分が好む乗り心地だとKYBの方が、、、。
と言うことだったので”KYB Vサスペンション ADVANCE”を装着した。

 

 

前回の記事、山中湖へ行ったときが
装着後の初乗りだったのだが、
今まで4種を装着したが柔らかめを好む我が家にはKYBは
ピッタリのショックだと思われる。

 

VANTECH TV

 

 

 

 


| 1/66PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

categories


Instagram

recent comment

        

selected entries

        

archives

links

メールフォーム

profile

        

NINJA Tools

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM