ランディのショック交換。

さて、

 

5月にバンテック埼玉店へ行ってきた。

明らかに新モデル?と思わせるパンフを発見してしまい
店長からはちょっとまだ内緒で、、、と言われたのが、
今販売されている"ZIL REIWA EDITION"のパンフ。

他にも情報収集してきましたが・・・・。

 

 

今回の目的は、

昨年の年末の旅の時、乗っていて「あれ?」って
思う様になり、
高速を降りるときのループで踏ん張りが効かないというか、
カーブでスピードを出すわけではないので横転する事はないと思うが、
凹凸部ではビョンビョン跳ね、
何もわからず乗っていたクレソン純正時の時と同じ感覚。

 

今年の10月で乗り出して5年経過するランディ。
走行距離53000Km。


流石にランチョの寿命と思い"ショックアブソーバー"
交換することにした。

 

 

クレソンでは
純正 ⇒ ランチョ ⇒ ビルシュタイン
ランディは
納車時再び定番のランチョRS9000XL。
クレソン装着時から10年以上経っていたので構造も改善され
良くはなっていたのだが、

 

自分の印象はランチョが「剛」ならビルは「柔」って感じで
コーナリングでの初期挙動はトヨタ純正サスのように
柔らかいロールだがその後の踏ん張りは純正サスとは別次元。
コーナー立ち上がりでの揺り戻しもランチョより収束が
速いっていう感じだ。
また首都高速の継ぎ目などはランチョの場合「ガンッ!」って
鋭い突き上げがきた後少々暴れるがビルは「シュタッ!」って
感じで収まる。
総じてビルの方が柔らかい乗り心地だが踏ん張る。

 

なので今回はランチョにする気は全くなく、
モンローにするかKYBにするか悩み店長にいろいろと話を聞いて
自分が好む乗り心地だとKYBの方が、、、。
と言うことだったので”KYB Vサスペンション ADVANCE”を装着した。

 

 

前回の記事、山中湖へ行ったときが
装着後の初乗りだったのだが、
今まで4種を装着したが柔らかめを好む我が家にはKYBは
ピッタリのショックだと思われる。

 

VANTECH TV

 

 

 

 


雨の山中湖Woofへ。

小さい画像はクリックすると大きくなります。

 

さて、

 

日出勤もあり平日二連休が取れたので土砂降りの
雨だったのだが"山中湖woof"のプールにキュートを
泳がせに行ってきた。

 

 

日曜日の夜、仕事から戻り夜に出発。
"道の駅富士吉田"でP泊し翌日、土砂降りの中woofへ向かった。
プールは空いていたのでキュートものびのび泳いでいる様子。

 

 

昼過ぎまで泳いでランディで昼食にし
少し昼寝をして午後から再びプールへ。
その後、シャンプーをしキュートの好物パンケーキをビュッフェで

もの凄い顔をして食らいつく

 

 

相変わらず土砂降りは続いていたので
この日は帰らず夕方、温泉で
 ゆっくりしもう一泊する事にした。

には雨もすっかり上がり、
前日、雨で走ることができなかったので翌日川口湖畔の広場へ。

 


帰り道の駅で買い物をしながら、一般道で道志渓谷沿いを走り
ながら夕方早い時間に自宅に戻った。

 

=================================================

 

利用した温泉 温泉 紅富士の湯


利用した道の駅  富士吉田、すばしり、かつやま、どうし

=================================================

 


2019年GW 南会津・新潟の旅 Vol.4

画像はクリックすると大きくなります。

 

 さて、

 あっという間の最終日。

 後は美味いモンでも食って、のんびり東京に戻ることにした。

 新潟と言えば"タレかつ丼"

 昨年の夏、東北旅の時に立ち寄った"道の駅神林"で食した

 "タレかつ丼"の味が忘れられず、、、。

 しかし神林まではかなりの距離だったので前夜ネットで調べて

 近場で探すことにした。

 

こで候補に挙がったのが越後長岡"小嶋屋本店"ぐるなびでも高評価。

事前に店に問い合わせて開店前からかなり並ぶと言うので、

開店30分前に到着したものの既にかなりの客が並んでいたが運よく一巡目で入店。

ほとんどの客が注文していた"へぎそばとタレカツ丼"のセットを注文。

 

味は・・・結論から言うと味の好みがあるので、

個人的には"道の駅神林"の新潟越乃黄金豚"たれカツ丼"の方が、

お米もカツも圧倒的に美味い。

ただ"ヘギそば"はかなり美味かった。退店する頃にはかなりの長蛇の列だったが、自分の場合は

そこまでして食べなくてもいいかなっていう感じ。

近くの河川敷にキャンピングカー停めて休憩。

 

 

そのまま高速は使わず一般道をのんびり走り帰路についた。

今年もGWの旅は前半のみの旅で、あまり観光はせず、

のんびり過ごすことを目的としたが1日1日が充実しリフレッシュした旅となった。

 

=================================================

 

利用した温泉 温泉

会津六名館×2回、越後長岡ゆらいや華の湯、大崎温泉雪割草の湯

利用した道の駅 

たじま、尾瀬槍枝岐、からむし織しょうわ、良寛の里わしま、風の丘米山

R290とちお、ちぢみの里おぢや、南魚沼

=================================================

 


2019年GW 南会津・新潟の旅 Vol.3

画像はクリックすると大きくなります。

 

 さて、

 この日は、南会津から新潟方面へ一挙に移動した。

 午後に到着し一昨年も訪れた"国営越後丘陵公園"

 天気予報だと翌日の方が天気が良さそうだったのだが、

 翌日は無料開放日らしく混雑が予想されたので曇り空

 だったが訪れる事にした。

チューリップが見ごろを迎えキュートがチューリップを食っちゃうんじゃないかと

緊張しながらの撮影

 

 

から土砂降りで   多少の雨でも行こうと思っていたので

着いたころには上がってくれたのでラッキーだった。 

 

 

食は日本海沿いの海鮮"福浦"でいただいた。

味は普通なのだが食べ終わり隣接する海鮮販売所に立ち寄ってみると、

刺身や新鮮な寿司も販売しており、この店で購入しキャンカー内で

食べれば良かったとちょっと後悔・・・

 

 

沿いに走れそうな広場を見つけ走らせ"千眼堂吊り橋"に立ち寄ってみた。

"朝日山展望台"まで行けば駐車場から徒歩数分で着く。

吊り橋と言っても頑丈な作りでほとんど揺れない。

ぐずついた天気の一日だったがキュートも満足した様子で早々に爆睡

 


2019年GW 南会津・新潟の旅 Vol.2

画像はクリックすると大きくなります。

 

さて、


から快晴。この日はのんびり南会津周辺を周遊することにした。
まず最初に訪れたのが10年ほど前にリンと来たことがある下郷町の"塔のへつり"
福島県会津の景勝地で国の天然記念物にも指定されている。
"へつり"は地元の方言で崖や急斜面と言うらしい。
100万年以上侵食、風化を重ねてできたもので塔の様に並んで
いるのでその名前がついたらしい。自然はホントに凄い!

 

 

に向かった”湯野上温泉駅”は日本で唯一の萱葺き屋根の駅舎でこの時期になると

線路沿いの桜が開花して桜名所の一つでもある。

 

 

食は御蔵入手打ちそば食事処"五晃苑"さん。
お蕎麦は田舎風味で、喉越し歯応えとも感触抜群である。

 

 

後の散歩で"観音沼森林公園"へ向かった。
公園内の遊歩道は全部で9コースで1.2kmとの事で秋は紅葉が綺麗で有名らしくシーズンには

是非、訪れてみたいと思ったスポットである。

 

 

日の河川敷に立ち寄り早めにRVパークに戻りゆっくりしているとこの日はディナーの

予約をしていたのだが、

 


 

ーナーさんが外で夕食の準備。かなり手の込んでいる様子がうかがえ、
籾殻で炊くかまどご飯・スモークオーブンの肉料理etc....。
ビールサーバーが設置されており飲み放題。
飲みやすいく美味しく今まで飲んだ事がない味だったのだが聞いてみると自家製ビールとの事だ。

 


我が家だけだったので食事後オーナーさん夫婦と共通の話題がいろいろとあったので

お話をし眠りについた。

 


2019年GW 南会津・新潟の旅 Vol.1

画像はクリックすると大きくなります。

 

 年のGWは10連休と言うこともあり、

 何処へ行っても混んでいると思ったので今回は大幅に

 観光と旅の期間をカットし、滞在をメインとしてのん

 びり過ごす旅にすることにした。

 向かったのは"南会津"
 4/27の夜に出発し西那須野塩原ICを降りて、深夜千本松牧場の

 無料駐車場で仮眠。

朝、以前、同じランディ乗りの"麦と米とワンワンワン"(現在休止中)の米さんが紹介して

いた一度行ってみたいと思っていた雪残る"ミニ尾瀬公園"に向かった。

 

 

ハイキングコースは足元もよく1時間〜1時間半程なので景色や植物を見ながら手ごろなコー

スが楽しめる。

ミニ尾瀬公園をあとにし"屏風岩"に立ち寄った。
伊南川の急流が長い年月をかけて形づくった奇岩・怪岩がそそり立っており遊歩道も整備さ

れているので散策コースとしても楽しめる。

 

 

食は檜枝岐村の"尾瀬の郷交流センター"で名物"裁ちそば"をいただく。
そばも美味かったがオプション注文したミニカレーが好みの味でおいしくいただいた。

 

 

"大桃の舞台"は今まで何度か案内表示は見たことはあり折角なので立ち寄ってみた。

歌舞伎の舞台らしい。
明治28年に建てられ国の重要有形民俗文化財に指定されているとの事で現在も毎年

8月に上演が行われ静かな村がこの時は大変にぎわうとのことだ。

 


キュートのガス抜きにたまたま通りかかった河川敷に立ち寄った。
そのあと、買い出しをしこの日の車中泊は"RVパークだいくら"

 

 

温泉ではないが湧水を沸かした大きい風呂でのんびりできた。
夜、星空がホント綺麗で撮影すればよかった、、、。とちょと後悔。

 


千葉 冨浦のおさかな倶楽部へ。

さて、

 

平日休みが取れたのでお目当ての海鮮を食しに冨浦の"おさかな倶楽部"

久しぶりに行ってきた。

前日の深夜に”道の駅保田小学校”に到着。

翌日は予定通り雨でキュートには申し訳なかったのだが、

開店20分前に到着。

既に並んでいる人もいたが無事入店。

自分は定番の"賄い丼"

 

 

妻は相当悩んでいたのだが"ヒラマサづくし定食"

しかしながら、この定食は限定一食で掲示されているボードを見ると

"いったい何人前?!"

このコメントを見ただけでもかなりの量だと思うのだが、

とりあえず、店員さんに聞くとコメント通りで、

"いったい何人前?!と言うくらい"かなり多い"とのこと。

 

二人では到底無理だけどお持ち帰り用にもできる。との事で注文。

運ばれてきたとき、びっくりしましたね。

手前の煮魚だけでも何Kgあるのか?と言う量で

プラス刺身と揚げ物まで付いているので、運ばれてきて自分達もびっくりしたが

周りのお客さんからもどよめきが。

 

 

でもおいしくいただきました。

結局、煮魚はかなり食べたのだがもちろん全部食べ切れず、

店の方も例倉庫に入れておけば3日間は大丈夫と言うことで、

翌日からの夕飯はこの煮魚ばかりで

でも翌日家で食べたのが味が染みついていて美味かったです!

 

おさかな倶楽部を後にし近くの"道の駅とみうら"でデザートの"びわソフト"を食し

金谷の"ザ・フィッシュ"でいつもの様に買い物をして帰宅。

 

 

でおさかな倶楽部へ食べに行っただけの一日だったが次回は

キュートも楽しめる旅にしたいとと思う筆者。

 


スノーシューシーズン最終は2年ぶりの湯ノ丸高原へ。

 さて、

 3月の上旬に平日休みが取れたのでシーズン最後に2年ぶりに

 "湯ノ丸高原"へスノーシューへ行ってきた。

 "道の駅みまき"に到着し併設されている"みまきの湯"

 に浸かりP泊。

 翌朝、雪がちらついていたが今シーズン最後の スノーシュー

 を満喫した。

昼食は"道の駅雷電くるみの里"で名物"くるみ餅"を食し軽井沢の"スーパーつるや"で買い物。

 

 

平日にもかかわらず碓氷峠で大渋滞。今までこの時期にここまで渋滞に見舞われたことが

なかったのだが、横川の鉄道文化むら付近で火事があったらしく規制が行われているとの

事だったが現場付近を通ったとき唖然とした。

昨年の11月に訪れら絶品のもつ煮定食を出す"越後谷食堂"火事だったのだ。

 

建物が古いので全焼だったらしい。

高齢の店主は火が出た時点で逃げたので無事とのことだった。

再開を望む声も多いそうだが、やはり自分にも昨年行ったときに聞いたのだが、もう

年齢的に厳しいとの事だ。

 

上毛新聞記事 でも元気そうで何より。

 

所沢ICを降り、自宅に向かう途中いつも気になっていたステーキ屋で夕飯で立ち寄った。

ディナー限定で170gor240gのステーキ、ハンバーグ食べ放題と言うコースがありチャ

レンジしてみた。やはり年には勝てずそれでもこれだけたいらげた

 

 

越後谷食堂さんは残念だったが、スノーシューに関しては

今シーズンも怪我無く終えることができた。

 


裏磐梯へスノーシューへ行こう!2019(3)

さて、

 

車中泊も含めあっという間の4日間。

朝食もおいしくいただき、最終日は午前中ペンション裏の”甲府沼”へ行くことにした。

 


昼食は、猪苗代で話題の"HERO'S DINER"さんへ。

"アメリカンスタイル"のハンバーガー屋さんでトッピングも豊富で個人的には函館の

"ラッキーピエロ"よりこちらの方が好みかな。

一番人気の"HERO'S バーガー"のセットメニューをチョイス。

とてもおいしゅうございました。

 

 

午前中、"雪上ドッグラン"を思いっきり満喫し帰りがけにシャワーを借りて失礼しました。

今年は例年に比べ雪の量もかなり少なく、それでも天気には恵まれ新しいスノーシュー

を十分満喫した四日間であった。

 

小さい画像はクリックすると大きくなります。

 


裏磐梯へスノーシューへ行こう!2019(2)

 さて、

 2日目も快晴だ朝食をいただき"裏磐梯サイトステーション"

 経由で "檜原湖"へ 行くことにした。

 前夜に少し雪が降ったのでコンデションも良く晴天の中、最高の

 スノーシュー日和だ。朝食は洋食をチョイス。

 

昼食にある店が気になっていたのでオーナーさんから情報収集しながら

朝食を美味しくいただき部屋で一休みして出発。

 

 

ペンションからサイトステーションまでは5Kmほどなので10分程で到着。

スノーシューに履き替えサイトステーションを抜け檜原湖方面へ。

流石、MSRライトニング。やはろこのスノーシュー抜群に良い。

サイトステーションの駐車場から檜原湖までは30分ほどかかるのだが、

軽いので歩きやすく足への負担も少ない。

 

 

檜原湖へのアクセスは"アップダウン"もあるので犬にとっては楽しいスポット満載だ。

天気は良かったのだが檜原湖に到着するとあまりにも風が強く且つ寒く早々に退散し

サイトステーション付近の凍結した沼へ移動。

昼過ぎまでスノーシューを満喫し昼食会場へ。

 

 

気になっていた店というのが"猪苗代湖畔"にある"ステーキレストラン白鳥" 

ペンションのオーナーに聞いたところ、ステーキより"ポークソテー味噌焼き"が一押し

との事で、あとは"磐梯ハンバーグ"を注文。二品とも"白鳥自慢!"の料理とのこと。

特に、ポークソテーは厚切りで甘めの味噌ベースのソースと豚肉が絶妙にマッチする。

磐梯ハンバーグはとにかくやわらかく、口の中で溶ける感じだ。

おいしくいただき、ペンションに戻り、昼寝をして夕方の散歩はペンション裏の沼へ。

一日、よく歩いたのでゆっくり温泉に入り夕食。

 

 

部屋に戻り部屋で撮影した写真を整理し眠りについた。しかしこの日はよく歩いたなぁ〜。

 

小さい画像はクリックすると大きくなります。

 


| 1/64PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

categories


Insta digest

recent comment

        

selected entries

        

archives

links

メールフォーム

profile

        

NINJA Tools

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM