2018-初秋のみちのく旅へ Vol.1〜序章・北海道の旅を見送った理由〜

さて、

 

例年、9月中旬は北海道へ渡道するのだが今年見送ったのは、
2018年9月6日に発生した"北海道胆振東部地震"が大きな理由である。

 

今回は、
厚真町で広範囲な土砂崩れ、札幌市内での液状化、北海道全域での
ブラックアウト、燃料不足、物流の停止、その他インフラ産業も大打
撃を受けた。

 

今年は例年より休みも若干長く取れたので9月13日から2週間の予定
で渡道する予定だったが先日記事にした通り9月7日に渡道を断念した。

 

震災後、
今までのケースから行くと日常生活に支障が無い状態に戻るまで、

2〜3週間と言われている。
実際に北海道庁でも震災約2週間後に道民に安全情報を発表した。

 

その一方で、

早かった?様な気もするが、どうしても経済面が第一となり観光団体

では早い段階で安全性をPRし風評被害を払拭すべく情報発信を行った。

 

妻の友人が札幌、帯広在住者がいるので心配はしていたが、まずは家

族や身内との連絡もあると思うのであえて問い合わせは控えていたの

だが本来の渡道予定日の数日前に妻が連絡をした所、ようやく停電が

解消されたが、GSは長蛇の列に加え1台10Lまでと制限もかけられ、

流通も間々ならないため何かと不自由な生活は続いているが徐々に回

復してきている兆しは見えてきているとの事だった。

 

東日本大震災の時でさえ遠く離れた東京でも店舗から食品が消え、
GSも長蛇の列が発生した。

 

特に我が家は青森から渡るのだが、
乗るはずだったフェリーも運行に乱れが生じていた。

毎回明らかに大型トラックはもちろん、商用車と見られる車も乗船し
ている。
もしかしたら本州から北海道に早く戻りたいと言う業者や道民もきっ
といるはず。

 

もちろん地域によっては影響が無い地域もあるとは思うが影響が出て

いる地域もあるのは紛れもない事実であり、

震源地から離れている帯広でもこの様な状況であると言う話を聞くと
そんな状況の中で"悠々自適"に道内を旅をして良いものなのか?と

言う事とあまり気乗りしなかったと言う事もあった。
 

燃料補給の為、仮に並ばなければならない状況に遭遇した場合、
おそらく自分は並ぶのは控えるだろう。

 

まずは、
道民が一日も早く支障無く日常生活が送れる様になる事が第一優先で
観光地のイメージ回復や復興支援は長期に渡り日々変化を遂げて行く

ものなので、その後でも遅くないと思うし、ライフライン、ガソリン、
生活物資の安定が最優先で我が家が渡道を予定していた段階では
"復興支援"より"復旧"が第一優先なのでは?と強く思ったからだ。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
にほんブログ村のランキングに参加しています。
すばらしいキャンピングカーや写真がたくさんあります。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


コメント
変な意味ではないのですが、
亀萬さんはそんな状況でも被災地を外して
北海道を満喫しに行くと思っていたのですか、
この記事を読んで確かに燃料補給も生活の為、
遊びの為となると実際に遭遇したら後めたい
気持ちにな るかもしれないですね。
復興支援より地元住民が、日常生活が送れる
様になる復旧が第一優先と言う考えは、
ごもっともと思います。
ちょっと考えさせられた記事でした。
  • ターチまま
  • 2018/09/29 10:35 AM
私は東日本大震災の被災者なので今回の記事は興味深く読ませていただきました。こんな時だからこそ来て下さい。こんな時に来てくれるな。被災者側も考え方は様々です。私は本音を言ってしまうと当時は自分達、地域の事が精一杯でそこまで気が廻りませんでした。でもその後、苛立ちもあったので来てくれるな!になりましたね。おっしゃる通り2〜3週間すれば概ね回復してくると思うのですがそれも地域によってだと思います。私達の場合はやっとコンビニにパンやお弁当が並んだと思ったら根こそぎ無くなってしまう。なぜかわかりますか?全てマスコミが買占めてしまうんですよ。そうなると今度は地域住民は苛立ち始めるんですね。フェリーをキャンセルすればいち早く北海道に戻れる人が数名でも帰れるかもしれない。亀萬さんの今回の見送りは北海道民への配慮になるのではと思います。それも立派な支援だと思います。
  • ぜろターボ
  • 2018/09/29 12:15 PM
●ターチままさん

コメントありがとうごさいます。
我が職場にも北海道出身者が数名いますが震災直後、
連絡は取れない。
物を送ろうとしても着くかわからない。
帰る手段がない。
その様な状況の中で震災地を避けて北海道旅行に
行ってきます!とは言えなかったという事と
行く気になれなかったと言う事もあります。
震災後に行かれた方ももちらんいると思いますが、
それに対して否定はしませんし、自分は行かないと
決断したので今回は見送った次第です。
  • 亀萬
  • 2018/09/30 12:01 AM
●ぜろターボさん

コメントありがとうございます。
マスコミの買い占めのくだりはビックリしました。
報道をしなければならない責任があるのは充分理解
しますが、それこそ配慮が足らなさすぎですね。
被災地の方々も考え方が様々なので正解は無いですね。
  • 亀萬
  • 2018/09/30 12:03 AM
記事を読ませて頂くと震災直後に行く事はどうなのか?と否定的に
読み取れますが震災直後に観光で北海道へ渡った方もいます。
影響はなかったと聞きました。
やはり行くことが経済支援に繋がると思います。
自粛する事により復興には繋がりません。
お金を落とす事によって復興への近道だと思います。

  • 通りすがり
  • 2018/09/30 8:39 AM
●通りすがりの方

記事やコメントを入れて頂い方への返信にも渡道した方について
"行くことはどうなのか?"
と言う様な否定的な意見を書いたつもりはありません。
もしくは自分で気付いていないだけかも知れないので、
どの部分がそうなのか?ご指摘頂ければ幸いです。
"自粛"と捉えられたのであればそう思っていただいて構いません。
記事やコメント返信に書いた通り、
渡道予定日が地震発生から日が浅かったので我が家なりに諸々思う
所があり判断して今回は見送った次第です。
渡道した方は行くと判断したから行ったのだと思います。
今まで様々な地震や台風の被害で復興支援は中長期に渡り行われて
います。それについて異論は無いと思います。
一つ伺いたいのですが、
あなたの考えだと、ご自身は"行くべき"だと思うのですが、、、。
でも、あなたは行かれていません。何故でしょうか?
理由をお聞かせ下さい。
  • 亀萬
  • 2018/09/30 9:22 PM
亀萬さん、理由は答えられないと思いますよ。
ただの傍観者なので。
相手にするのやめましょう。
  • ぜろターボ
  • 2018/10/01 9:54 AM
●ぜろターボさん

そうですよね♪
  • 亀萬
  • 2018/10/02 9:36 AM
熊本地震を思い出しました。
私は熊本地震で地名がよく出ていた益城町に住んでいます。
あの時は、亀萬さんが書かれているようにガソリンスタンドのほとんどがガソリンが入荷しないので休みになって、やっと開いているスタンドを見つけても長蛇の列。それはコンビニやスーパーも一緒。
やっと開いているコンビニを見つけても店の中にはほとんど売り物がない状態でした。
道路もあちらこちらで通行止め。通れる幹線の国道は大渋滞。平時なら20分ほどで行ける距離も3時間以上かかるような状態でした。
「観光に行ってお金を落とすのも復興支援」という意見もありますが、それは時間が経ってからことです。
そういう意味で亀萬さんの判断は正しかったと思います。
熊本地震を経験して、私はそう思います。
  • レオパパです
  • 2018/10/02 10:39 PM
●レオパパさん

コメントありがとうございます。
色々な考えがあるのですが離れているからこそ報道も酷い所ばかり
映像で流すので北海道全体が同じ様な状況と捉えられてしまいがち
ですが北海道は広いのでもちろん被害が無い所があることはわかっています。
ただ、やはり被災地以外の住民の不憫ほとんど情報されず少なからず影響が
発生しているのは間違えなかったので今回はやはり、
全道民が日常生活を一日でも早く取り戻す事が最優先だと判断したので取り
やめました。
おそらく行ったとしても数日前に大地震があった。とう言うのは
頭に当然残っていると思うし、確かに一日も早く復旧復興が望ましいですが
現実的に不可能ですからね。
今回の東北旅行ではその辺の事は改めて実感しました。
  • 亀萬
  • 2018/10/03 12:23 AM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories


Insta digest

recent comment

        

selected entries

        

archives

links

メールフォーム

profile

        

PV

NINJA Tools

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM