2017年〜年末紀伊半島を旅する〜Vol.3(鬼ヶ城、那智の滝へ)

2017/12/25(月) はれ 紀伊長島〜串本

 

小さい画像はクリックすると大きくなります。

 

 さて、

 昨日の雨も止んで透き通る様に晴れ上がり界遺産"鬼ヶ城"へ。

 伊勢志摩のリアス式海岸で熊野灘の荒波に削られた海蝕洞の凝灰岩の

 大岸壁。海岸線の遊歩道は往復1時間半程で自然が造り上げた彫刻美

 を楽しめる。

 

●千畳敷は上下2段の大きな岩窟で鬼ヶ城のメインのスポットである。

 

●海岸沿いの遊歩道を進んで行きます。

 

●あと少しなのだが御覧の通り、遊歩道が狭くなってきておりキュート一緒に行くのは

 危なそうだったので途中、妻と待機してもらい自分だけで進んでみた。

 

案内板には片道40分との事だったが足元が悪いところもあり、写真を撮りながら往復約2時間を

要したが天気も良く、まさしく熊野の自然が作り上げた彫刻美を堪能できた。

 

次に向かったのは"智の滝""野那智大社""門坂"の定番コース
那智大社は犬OKなのだが神門内はNGである。
良く見るスポットで写真撮影。

 

 

"日本三大名瀑"で落差、水量日本一と言われている"那智の滝"を見るために

飛瀧神社へ。

今回も三脚を持参してチャレンジしてみたが、これだけ高い滝を間近で撮った

事が無かったのだが、なかなか上手く撮れず今となれば滝のみを撮るのでは

なく構図を変えて撮れば良かった。と今になって後悔。

次回再チャレンジしたいと思っている。

 

 

 飛瀧神社へは階段を降りなければならないが駐車場からのアクセスも良く、

 杉に石階段が熊野感を醸し出す。

 階段数もそれほど無いのだが帰りは何気にキツかったのは年のせいか?

 続いて"大門坂"へ。

 

 

●大門坂

 

大門坂の近くに大きな無料Pがあり、
大門坂 → 熊野那智大社 → 那智の滝 3時間位見ておくと良いと思われる。

 

一日よく歩き汗もかなりかいたので夕方早めに温泉へ行きP泊地"道の駅くしもと橋杭岩"へ。

翌日早朝から写真撮影するため早々に就寝。

 

 

道の駅 くしもと橋杭岩 URL / 温泉 南紀月野瀬温泉 ぼたん荘 URL / カッコ立ち寄った道の駅カッコ 海山

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
にほんブログ村のランキングに参加しています。
すばらしいキャンピングカーや写真がたくさんあります。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Instagram

TAG index

Insta digest

categories


recent comment

        

selected entries

        

archives

links

profile

        

メールフォーム

NINJA Tools

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM