2017-旅犬 初秋の北海道旅 = Returns =

紅葉紅葉紅葉紅葉紅葉紅葉紅葉紅葉紅葉紅葉紅葉紅葉紅葉紅葉紅葉紅葉紅葉紅葉紅葉紅葉紅葉紅葉紅葉紅葉紅葉紅葉紅葉紅葉紅葉紅葉紅葉紅葉紅葉紅葉紅葉紅葉紅葉紅葉紅葉

 

さて、

 

今年キャンピングカーで12回目の渡道は、全ての場所を書き込むことは

出来なかったのだが、いつものマップで標すと概ね上の様な感じになる。

 

旅行記のコメントにも書いたが我が家の北海道旅行は

"なるべく高速は使わない。18時以降は走らない"にはこんな理由がある。

 

● 道内で高速を使わない理由

 

   キャンピングカー購入前、2年に渡りレンタカーで北海道一周をしたのだがホテルの間の移動

   距離が長く満足に観光ができない。

 

   旅の始まりは函館なので、

   例えば 函館〜旭川間は高速を使うと430Km、一般道では380Km。と、

   特に道央方面に行くのに距離がかなり長くなる。

   時間の短縮にはならないが一般道を走る事により新たな発見があり翌年に繋がる。

 

● 稚内へ行かない理由

 

   今まで2度行ったことがあるが、今後行くことはあるかもしれないが、

   "日本の最北端に来た"と言う満足感?だけなので来年も行く予定は無い。

 

● 18時以降は走らない理由

 

   クレソンの時に夕方キツネ、鹿が飛び出してきて接触しそうになった。

   一番びっくりしたのは信じがたいが"馬と接触"しそうになった。

 

● 一日の走行距離はなるべく200Km以内に抑える

 

   クレソンで初めて北海道へ行った時、欲が出てどうしても走行距離が長くなり

   移動で終わってしまい満足に観光ができない。200Km/日程度なら、

   朝出発し、時間も気にせず、のんびり観光ができる。

 

● 我が家の北海道へ行く時の必需品。

 

   "トルクレンチ"東京から長距離走るので増し締めが必要。

   "フクピカ"ボディー用、フロントガラス用 どうしても虫で汚れてしまい、放置

   すると綺麗にするのに一苦労。早ければ早いほど簡単に虫の死骸を取り除く事が

   できる。

 

毎年、函館フェリーターミナルに戻ってくると、この瞬間がとても切なく上陸した時に

見ているはずの埠頭は、数日前とはまったく違った表情をする。
楽しみに胸をふくらませていた数日前が、ずいぶんと前のことのように思われる。

今年も北海道にかけた期待は高く見事にその期待に応え てくれた。

 

追伸、

 

※特に夏前は色々な方からメールをいただきます。

当ブログで紹介している観光コースは推奨している訳ではありません。
記載されている内容を参考にして頂くのは構いませんがその際、

自己責任でお願いします。

 

※旅行中はキュートも含めたくさんの方にお声掛けしていただきます。

その時の出来事等は諸派の事情によりこのブログで紹介する事は無いので

ご理解ください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
にほんブログ村のランキングに参加しています。
すばらしいキャンピングカーや写真がたくさんあります。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


2017-旅犬 初秋の北海道旅 Vol.8【倶知安〜真狩〜函館〜青森〜東京】 

                  倶知安〜真狩〜函館〜青森〜東京                          .

 

2017/09/23(土)〜24(日)

画像はクリックすると大きくなります。

 

さて、

 

からおいしい朝食をいただき、キュートにも昨晩同様、二度目の

朝食とデザートが用意され、いつもより早めにチェックアウトをし例

年通り、"道の駅・ニセコビュープラザ”で大量に野菜を購入。

最後の給水は毎年、"道の駅・名水の郷きょうごく”"ニセコ甘露水"

汲みに行くのだが今年は真狩村羊蹄山麓にある"羊蹄山の湧水"へ。
実は10数年ニセコ方面には来ているのだが初めて汲みに来た。
給水箇所はたくさんあるのだが、土曜だからか?結構、混雑しており
大量の20Lタンクに汲んでいる地元の方らしき方が譲っていただき待つ

ことなく給水完了。

 

 

 実は今回わざわざ"羊蹄山の湧水"を汲みに来たのではなく
 近くの"真狩樹木園"に来たかったのだ。
 園内は遊歩道が整備され、特に入口の桂並木は目を引く。
 もう少しすれば黄色のトンネルになるのだろう。
 こらから再び長旅になるのでキュートを遊ばせのんびり下道を
 走りながら途中セイコマで夜食を購入しながら函館に向かう。

 

 

食がボリューム満点なのでフェリー乗船前は、毎年遅めの昼食兼早めの夕食を

兼ねているのだが今年は前から気になっていた函館FT近くのラーメンを食す。

 

 

  "らーめん初代 杜さん"
 通る度、時間に関係無く並んでいる所を見かけていたので

 きっと美味いのだろう。
 幸い空いている様で店内に入ると、一押しは味噌ラーメン。
 店内の客、後から入ってくる客もほとんど"味噌ラーメン"を注文。
 1日目の記事にも書いたが、妻はラーメンは必ずと言っていいほど 
 味噌ラーメンを注文するのだがオイラはラーメンは味噌と塩は好ま

 ない。味噌ラーメン全国一位と言われる店でも食べた事もあるが

 見事に裏切られた。

 

味噌は好きなのだが、そもそも、ラーメンはやはり醤油ベースを好み、一押しが味噌ラーメンと言われてもまず

頼む事は無い。


 

噌が一押しの場合、その店の醤油系は東京だとあまり期待はできないのだが、醤油ラーメンを注文。

スープ色といい、チャーシューの感じもオイラ好みでおいしくいただいた。
で、味噌ラーメンなのだが妻からちょっとだけいただいたのだが、多分初めてだと思うが美味かったのだ。
おそらく味噌ラーメンを食べて結構美味いと言ったのは今回が初めてではないだろうか?

でも,やはりラーメンは醤油系を好む。羽つき餃子も美味しくいただいた。

船時間までフェリーターミナルでお土産を購入し、

たまたま滝川ふれ愛の里のRVパークでお隣になった方と一緒に

なり談笑。青森から数日かけて帰るとのこと。

我が家も2〜3週間の旅をしてみたいものだ。

帰りはビューシートを予約。17時半に出港し予定通り21時青森に

到着。せめて秋田は通過したいと東北自動車道紫波SAまで走りP泊。

翌日も都内の渋滞に巻き込まれる事もなく15時に無事東京に到着

した。実は、出発前に数年出てなかった、椎間板ヘルニアが発症し

歩行困難な日も数日あり、腰痛予防でクレソンの時からレカロシー

トにはしているものの、今回は発症後だったのでそもそも北海道へ

行けるのか?途中で痛みが出やしないか?

左下半身が常に痺れた状態で出発したのだが、北海道に着いたら

そんな事も忘れ毎日の温泉が良かったのかいつの間にか痺れも無

くなった。

 

数年前は出発一週間前に左足首を亀裂骨折し痛みはあったものの運転には差し支えなかったので敢行したのだが、

やはりその時も函館に着いたら骨折しているのを忘れてしまうほど調子も良く怪我をしていても北海道へ行くと

治癒する症例が我が家にはある様だ

台風の影響はあったものの、今年の北海道も思い通りの充実した旅となった。

 

水 羊蹄山の湧水/カッコ立ち寄った道の駅カッコ ニセコビュープラザ

 

          

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
にほんブログ村のランキングに参加しています。
すばらしいキャンピングカーや写真がたくさんあります。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


2017-旅犬 初秋の北海道旅 Vol.7【滝川〜札幌〜倶知安】 

                      滝川〜札幌〜倶知安                          .

 

2017/09/22(金)

画像はクリックすると大きくなります。

 

 さて、

 

 回の記事で、昨年P泊した"道の駅・しんしのつ"は2度と

 来ることは無いだろう・・・。書いたが、
 温泉施設もあり良いのだが、実は昨年P泊した時、芝生には

 "犬の散歩禁止"と言う立て看板があったので芝生は歩かない

 様にしたのだが、朝、散歩してる時、前日は気付かなかった
 のだが、道の駅入口に"ペットの同伴、散歩は出来ません"

立て看板。道の駅のスタッフらしき人がいたのでに聞いたら丁重に「ご理解下さい」と言われ、

"道の駅内全面的に犬は禁止"との事だった。一昨年はドッグラン等もあり併設されているキャンプ場も犬

連れ歓迎ムードの様だったが禁止になった理由はだいたい予測がつく。

今年は予め予約して"滝川ふれ愛の里"にP泊した。"日帰り天然温泉施設でRVパークが併設"されている。
3台のスペースが確保され、区画も広めだ。炊事場、水道、電源、トイレは24時間利用者のみが使える

になっている。昨晩同様、朝はかなり冷え込みFFヒーターを稼働。

 

RVパークを後にし、リンのホームページ開設時からの友達

に会うために札幌へ移動。

予定はこれしか入れてないので"真駒内公園"で待ち合わせを

園内を散歩。年に一度しか会えないので話しも弾む。
楽しい時間もあっという間に過ぎ、中山峠を経由して倶知安

へ移動。中山峠を通る時は必ず食す名物"あげいも"

串に3個刺さっているのだが、美味いのだが1〜2個で満足!

という感じだ。北海道最後の夜は毎年お世話になっている

プルーミンさん”へ。

 

 

年は、看板犬"蛍"が昨年旅立って飾られていた"純と蛍"写真を見て我が家も寂しい気持ちになる。
蛍はリンの小さい時からなのでオーナーさんはもちろん、訪れた方々にも可愛がられ大自然の中で与え

られた寿命をキッチリと使い切って旅立ったのだと思う。

いつも通り、リンと同様、キュートもオーナーさんにたくさん可愛がってもらいボリューム満点の夕食を

食しキューちゃんにもとキュートも2回目の夕飯を食べ眠りに就いた。

 

●昨年、蛍&キュート

 

カッコ立ち寄った道の駅カッコ 望羊中山

 

          

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
にほんブログ村のランキングに参加しています。
すばらしいキャンピングカーや写真がたくさんあります。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


2017-旅犬 初秋の北海道旅 Vol.6【東川〜旭川〜沼田〜滝川】 

                      東川〜旭川〜沼田〜滝川                          .

 

2017/09/21(木)

画像はクリックすると大きくなります。

 

 さて、

 

 P泊した"道の駅・ひがしかわ「道草館」"は小さめの道の駅で

 第一駐車場は駐車スペースが少なく且つ狭い。

 我が家は”第二駐車場”に停めた。第一駐車場がほぼ満車状態

 だったが第二駐車場は第一駐車場から30m〜40m離れているのだが

 この日は我が家のみでトイレを装備してれば第二駐車場がお勧めだ。

 

道の駅を後にし、最初に向かったのが旭川空港近くの"就実の丘" 旭川市街遠景、大雪山連峰・十勝岳連峰を

一望できる。広大な丘陵地の他にもジェットコースターのようなアップダウン道。隣接する美瑛は有名だが就

実の丘も美瑛に勝るとも劣らぬ魅力を持っている。国道から離れ、周辺は農地で観光地として整備されていな

いことから、トイレ、駐車場、売店などは一切無いがお気に入りのスポットである。

富良野と美瑛の中間にある"ジェットコースターの路"は有名だが、個人的には就実の丘近くのジェットコース

ターの路の方が好きである。違いとして第一波があり登りきると第二波目があるのだ。

 

 ●2009年9月 富良野   ●2017年9月 旭川    ●第一波         ●第二波

 

また個人的にはあまり興味が無いのだが旭川空港が近いという事もあり、飛行機の迫力ある着陸する様子が

間近で見れるスポットがあるので飛行機マニアにはたまらないと思う。

 

 実の丘を後にしコインランドリーで洗濯&乾燥を済ませ
 次向かったのが前日に引き続き"ジンギスカン"
 なぜ、ちょっと苦手なジンギスカンを再び食べたかと言うと、
 食べ比べたいな・・・。という事で、
 東京にもあるのだが”老舗の松尾ジンギスカン”
 二店舗で食した結果、好みだが、妻は"松尾ジンギスカン"

 自分は前日の”ひつじの丘"
 最終的な結論は一口食べ二度と手をつけなかった店はマズイ

 店だったのだろう。


 

今回の二店舗は美味かったのだがやはり若干臭みが気になってしまい、

ジンギスカンはしばらくはいいかな、、、。と言う感じ。とは言っても二店舗で数人前平らげたが、、、
松尾ジンギスカンの"キムチ"は絶品"渦巻きソーセージ"もなかなか。でもまた北海道で機会があれば食べたい

と思う。

 

 竜方面に足を伸ばし、沼田の"萌の丘"へ。

 小高い丘が「萌の丘」だ。NHK連続テレビ小説「すずらん」の

 ロケに使われた場所である。
 丘の上の駐車場の展望台からは視界を遮る物が何もなく、町並や

 田畑を一望できる絶景ポイントとなっている。
 駐車場からダートの山道を400mほど歩くと頂上となりここか

 らも景色を楽しむことができる。萌の丘には展望場所がいくつも

 あり気に入った場所から眺めるのがよいだろう。

 

 

広場でキュートを遊ばせ"恵比島駅"へ。

JR留萌本線の恵比島駅は「すずらん」で使われた駅舎で、
2つの駅舎が並んでいるが、立派な方の駅舎が”明日萌駅”

として使われたセット。昭和初期の建築が再現されている。

立派な駅舎の隣にある小さな駅舎が、

実は"恵比島駅"本来の駅舎である。

P泊地は”RVパーク滝川ふれ愛の里"
昨年は温泉が併設されている"道の駅しんしのつ"でP泊したのだが今後も行くことは無いだろう、、。

理由は次回に。滝川ふれ愛の里も温泉が併設されており、夜と翌朝はFFヒーターを点けるほど

冷え込み夜は星空がキレイで厚着をして初めて星空の撮影をした筆者。

 

 

道の駅 RVパーク滝川ふれあいの里 / 温泉 滝川ふれ愛の里 カッコ立ち寄った道の駅カッコ サンフラワー北竜

 

          

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
にほんブログ村のランキングに参加しています。
すばらしいキャンピングカーや写真がたくさんあります。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


2017-旅犬 初秋の北海道旅 Vol.5【足寄〜中富良野〜東川】 

                       足寄〜中富良野〜東川                          .

 

2017/09/20(水)

画像はクリックすると大きくなります。

 

 さて、

 

 本来一日で周るプランを二日に分けているのでこの日も

 移動距離が短めになっている。
 この日のメインは"ジンギスカン"
 人気店らしいので平日ではあるが開店に間に合う様、早めに

 出発。キュートを途中で走らせてあげたかったので

 "狩勝ポッポの道SL広場"へ。

 

 旧狩勝線の廃線散策路になっている。

 我が家は周辺のみに留めたが、蒸気機関車D51が展示され、

 レンガアーチ橋やレンガの橋脚、
 旧駅の石組みホームなどの貴重な遺産が残っている。

 

 北海道にはこの様な廃線散策路が方々に点在しているので

 廃線マニアはもちろん犬の散歩にも良いスポットである。

 ただ、散策路はヒグマも出没もあるとの事で注意も必要だ。

 キュートも十分満足した様で、前々日、台風の中走ろうと

 思っていた狩勝峠越えをし富良野方面へ向かった。

 

 

勝峠、やはり台風の中この峠を走るのはリスクがある。と走ってみて改めて思った。

富良野に向かう途中、休憩するため、道の駅南ふらのへ行ったついでに数年ぶりに"幾寅駅"に寄ってみた。

 

駅舎は高倉健さん主演の映画「鉄道員」(ぽっぽや)の撮影で

使われ、映画の中では"幌舞駅"として登場している。

幾寅駅は無人駅で1時間に数本の列車が到着する。
古い木造の駅舎だが、当時のまま清潔に保存されおり、
"いくとら"と書かれているのはホームみで、ホーム以外は

全て駅名はぽっぽやの地名「幌舞・ほろまい」になって

いる。

 

幌舞を後にして、富良野に向かうのだが38号線を走るのが一般的だが我が家は富良野を

走る時は、麓郷側の道を走る。この道の方が富良野らしさの風景が満喫できるからだ。

 

 

富良野に到着し、今回のお目当て"ジンギスカン"
実は夫婦でジンギスカンは苦手である。 なぜ、その苦手のジンギスカンをわざわざ食べに来たかと言うと、

 

 最近、旅番組でも

 "この店のは臭みもなくて美味い"だとか

 "この店で食べたら他では食べられない"だとか、

 

 最近はそんなに美味いのか?
 とにかく初めて食べた時、一口食べて二度と手をつけなかったのだ。

 自分はちゃんと食べるのは今回が2度目。

 妻が色々調べてミシュランガイドにも掲載されている"ひつじの丘さん"へ。
 平日で開店間も無いのにもかかわらず既に席は埋まってきており期待は高まる。

 席は全てデッキ席になっており、富良野の広大な絶景を眺めながら食す。
 メニューに"臭みが無い"と言う肉を注文し、感想は・・・・。
 次回書きます。

 

 

日の水汲みは富良野の"原始の泉"水汲み場は拓けて整備も

ちゃんとされているのだが、

ココは原始が原と言う人間の手がまったく入っていない森の

すぐ近くにあり水汲み場周辺はよく見ると金網のフェンスが

張り巡らされている。

どうもクマをこちらに来させないためのフェンスらしい。

近くにはクマ除けの鐘があり一度鳴らして水を汲む。

この水はコンビニなどでふらの天然水「原始の泉」として販売

されているようだ。

 

 この日のP泊地は旭川なので美瑛周辺を通るのだが、もう美瑛は

 今まで何度も訪れ、お腹いっぱい感があったのでスルーしようと

 思ったが、折角近くを通るので、今までまで食べたソフトクリー

 ムで一番美味いと思っている”新栄の丘"へ行くことにしたのだが

 残念ながらお休み。
 ココに来ると、丘の反対側の"赤い屋根のおうち"も撮るのだがだ

 んだん色あせて来ている感じ。

 雲行きが怪しくなり"かんのファーム"へ。

 

の5本の木を背に写真を撮ったのだが、

かんのファームへはかなり来ているが、確かに数年前は5本しか

なかったのだが、今は5本どころか少し間隔をあけて右側に2本。

5本の木の左側にはずらりと無数の木が植えられている。
家に帰って調べたらCM放送後観光客が増え、木を間近で見る場合、

所有者の自宅の門を潜って行くそうなのだが立入禁止の看板を掲げ

ても次第に心無いマナー違反者が増え、勝手に立ち入り木に名前を

彫ったり苦肉の策として被写体としての価値を下げるために、

新たに木を植えたとの事だ。

 

 

麓郷の"メルヘンの木"や美瑛の"哲学の木"は所有者はあまりにもマナー違反者が多く伐採してしまった話は有名だが、

美瑛は写真映えするスポットがたくさんあるものの、特に美瑛の木々のスポットは道路からの観賞がほとんどで芝部

分は所有者が立ち入り禁止にしているケースが多く、よく、こんな近くで撮れたっけ?と言う様な画像を見かけるが

として当たり前のマナーを守って撮影していれば、景色を無くす事はなかったのに。そう思と残念な気持ちになる。

 

 

 美瑛から旭川に向かう途中、キュートが走れそうな広場が

 あったので、 ガス抜きをし、予定していた温泉に向かお

 うと思ったのだが雷と次第に 雨も降り出し、GSで給油中

 近くに温泉はあるか従業員の方に尋ねたら、すぐ近くにあ

 るとの事で早速向かった。温泉でタオルが茶色に染まる

 ほど濃い温泉で、ジンギスカンを食したので何となく身体

 も臭く  サッパリし、出る頃には降り出した雨もすっか

 り止み、夕方P泊地に向かった。キュートもぐったり。

  

 

道の駅 ひがしかわ「道草館」 / 温泉 龍乃湯温泉水 原始の泉 /カッコ立ち寄った道の駅カッコ ピア21しほろ、南ふらの

 

          

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
にほんブログ村のランキングに参加しています。
すばらしいキャンピングカーや写真がたくさんあります。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


2017-旅犬 初秋の北海道旅 Vol.4【足寄〜帯広周遊】 

                       足寄・帯広周遊                             .

 

2017/09/19(火)

画像はクリックすると大きくなります。

 

 さて、

 

  快晴の朝を迎え"台風プラン"遂行中である。我が家が帯広に

 拘った理由はこんな意味がある。18日(月)は道内全域雨と言う

 事は前日にわかっていたのだが、今回の台風は1日で抜けるも

 のの数日天気が回復しない地域もあるとの事だった。風の進

 路は道南、道央に進路を取ったので帯広にいれば、上川、十勝、

 釧路、オホーツク方面へ難なく移動ができる。

 

 

19日(火)は十勝周辺だと上川地区富良野旭川エリアは雨で十勝を

含め、釧路、オホーツク方面は快晴。昨年、釧路、オホーツクへ

は行っているので、十勝に留まる事にした。

更に"台風プラン"は1日待機、もしくは移動で終わってしまう可能

性もあるので十勝の観光は、1日で廻れるパターン余裕を持っ

てのんびり2日間で廻る2パターンを考え、やむを得ず行き

たい所を諦めると言う事が無様に終的には帳尻が合う様

なプランにし今回はイイ感じにしっくり収まったという感じになった。

 

ゆっくりしていつもより遅めの出発。まず最初に"道の駅あしょろ銀河ホール"近くの"効南の水"で給水。
この水汲み場はあまり知られていない様で地元の方が生活用として利用している様だ。


 白糸の滝は足寄から陸別方面に向かうと案内板もあるので迷う

 ことは無いと思う。
 駐車場の表示は無いが周辺は広いスペースになっているので

 ランディを停め5分程歩くと滝の流れる音が聞こえ滝が見えて

 くる。とても地味な滝で水量も少ない。この滝は上流に川が無

 く滝の落ち口付近 の地下から湧き出す水がそのまま滝の流れ

 となっている。

 

足寄駅と同じ旧ふるさと銀河線の駅で数年前来た時は
錆びれた感じだったが、
現在は駅舎ではうどん店が営業している。
我が家が行った時は準備中だったのだが、後から調べると結構、
美味しいらしい。
ホームにもテーブルが設置されており外でも食べられる。
「愛の冠」なのでココで結婚式を挙げたカップルもいるそうだ。
駅舎前には「愛の泉」があり北海道名水にも選ばれている。

 

 

 

次に向かったのが帯広の"真鍋庭園"

海道ガーデン街道として有名だが、代表的な8箇所のガーデンが大雪〜富良野〜十勝を結ぶ街道に点在する。
ペット同伴可は、
紫竹ガーデン・十勝千年の森・十勝ヒルズ・真鍋庭園"紫竹ガーデン""十勝千年の森"へはリンと過去に2回

行った事があるので今回は真鍋庭園に行ってみた。
30分〜60分のコースが3コースあり、60分コースは犬の散歩には丁度イイ感じだ。
日本庭園、ヨーロッパ―ガーデン、風景式庭園、滝あり、リスは走りまわり、かなり見応えのある庭園である。

 

 

 真鍋庭園でかなりゆっくりしてしまい温泉へ行く前に夕方

 "ハナック(十勝が丘公園)"へ行ってきた。
 ココは5〜6回目だろうか。もう少し時間が遅ければこの上にある
 展望台から綺麗な夜景が望めるのだが、広場でキュートのガス抜

 きをし温泉に向かった。

 温泉に行く途中、大雨に見舞われたがP泊地に着くまでにはすっか

 り止み、翌日は本来一日で廻るコースをこの日と半分に分けたので

 行くところは少ないのだが、ある目的があるので、早々に就寝。

 

 

道の駅 足寄湖 / 温泉 本別グランドホテル / 水 効南の水 /カッコ立ち寄った道の駅カッコ あしょろ銀河ホール

 

          

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
にほんブログ村のランキングに参加しています。
すばらしいキャンピングカーや写真がたくさんあります。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


2017-旅犬 初秋の北海道旅 Vol.3【恵庭〜占冠〜足寄】 

                           恵庭〜占冠〜足寄                                 .

 

2017/09/18(月)

画像はクリックすると大きくなります。

 

さて、

 

起きると土砂降り。テレビのニュースでも大々的に北海道の台風による被害や情報が

放送されている。

"檜山地区"に台風が上陸した様で結果的にこの選択は良かったのだろう。
と思い本日から"台風プラン"を採用する事となる

 

再三言っている早く"帯広入りしたい"と言うこともあり早速向かう事にした。
雨は確実に酷くなってきており、途中まで下道で、とも考えたがどちらにしても日勝峠が

未だに通行止めなので高速を途中で使う事になると言う事もあり千歳恵庭JCTから帯広へ

向かう事にした。
大雨強風速度規制の中、順調には進んでいたのだが”占冠〜十勝清水”間が通行止めとなっ

てしまった。

 

泣く泣く占冠ICを降り近くの"道の駅自然体感しむかっぷ"で待機。

通行止め解除は見込めないので道の駅で情報収集する事にした。

 

一般道で十勝清水へ抜けるにはどう考えても136号線から狩勝峠に向かう経路しか無いのだが

悪天候の中、何かあった場合の事を考えると過去に何度も走った事はあるが、 この道は走りた

くないと言うのが本音。

 

また、高速道路なら占冠〜十勝清水間約50Kmだが、このルートだと80Km走る事になり時間

もかかる。と言う事になると、何かもっと良い経路が無いか待機中の観光バスの運転手に聞い

てみたらやはりこのコースが一番良いとの事。
大袈裟だが  
ちょっと決断するのに戸惑っており、昼近かったのでとりあえず道の駅近くの

"占冠村物産館"で腹ごしらえでもしてゆっくり考える事にした。

 

 産館と言っても物産品が販売されておらず、

 2階の"メープル"という食堂のみが営業されている

 だけで、正直、店は、お世辞にもイイとは 感じら

 れない雰囲気なのだが、

 ”生姜焼き定食””ステーキ定食” 注文。

  むっちゃ美味いんですけど!このステーキ定食は

 価格の割には絶品だ。生姜焼き定食ももちろん美味い

 のだがちょっと後悔した筆者。

 

 

ひとまず前に進みたいので物産館を後にし136号線に向か事にしたのだが、何と倒木で通行止め。
昼を食べずに行ったら恐らく途中で足止めになっていたのだろう。

 

 

 

再び物産館に戻り駐車場で待機しながら情報収集する事にした。
帯広ナンバーの車が入ってくると、

"東京から来たのですが、これから帯広に向かいたいのですがどうしたら良いか?"
3組に聞いてみた。
口を揃えて

"237号線〜465号線〜狩勝峠経由で行く"

との事だったのだが、
"465号線って確か"かなやま湖〜南ふらのを経由してと言う事ですよね?"

と聞くと
どうしても今日中に戻らなければならないのでと言う事だったが、

一人の方が

"キャンピングカーだったら今日占冠で泊るか、もしくは今晩天気も回復

するので高速の通行止めが解除するのを待った方が良い"

確かに、136号線経由より更に距離も増え、

まして一般道でも被害が出ているのにちょっとリスクがあるな。

と思い、

食後で満腹状態と言う事もあり、とりあえず昼寝をして再び待機する事にした。


15時になっても状況は変らず、占冠泊も考えていたので、温泉でも入るかな。

と探すと近くにあったので行くことにした。

 

の沢温泉"森の四季"

山あいにあるこじんまりとした一軒宿で浴場も広いとは言えない

が客が誰もいなかったので広々とのんびり浸かれた。

温泉から上がり、外は土砂降りだったが、高速情報アプリを確認

すると占冠〜十勝清水間の通行止めが運良く解除され強風の中、

速度制限は出ていたので慎重に運転をし、次第に天気も回復し、

無事19時に帯広に到着する事ができた。

P泊地はちょっと足を延ばして今まで数えきれない程利用している

"道の駅足寄湖"へ。

足寄も雨はもすっかり上がっていたものの、翌日も台風の影響で

道内は天気が悪い地域もあり、再び台風プランを適用するのだが

何だかとても疲れた一日だったがこれも旅の醍醐味だ。

 

 

 

道の駅 足寄湖 / 温泉 占冠 湯の沢温泉 森の四季 / カッコ立ち寄った道の駅カッコ 自然体感 しむかっぷ

 

          

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
にほんブログ村のランキングに参加しています。
すばらしいキャンピングカーや写真がたくさんあります。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


2017-旅犬 初秋の北海道旅 Vol.2【函館〜壮瞥〜恵庭】 

                     函館〜八雲〜伊達〜洞爺湖〜恵庭                         .

 

2017/09/17(日)

画像はクリックすると大きくなります。

 

さて、

 

からWathernewsの台風18号の進路予想図を確認しながらどちらのコースで行くか悩む。

今年は2プラン作成したのだが渡道数日前、北海道に台風が直撃もしくは通過がわかったので

各プランに"台風用スケジュール"を加えた。

 

A案・・・十勝、上川コース / B案・・・檜山経由、十勝、上川コース

 

  今年はB案の檜山経由を考えていたが進路予想図を

  見ると、若干左に反れ江差で1泊を予定していたの

  だが、ひょっとしたら翌日、檜山地方に台風が接近

  するのでは?迷わずA案で進む事とし同時に一日で

  も早く帯広入りをしたいと強く思った。

 函館フェリーターミナルからまず"七飯岳の湧水"

  清水タンク満タン、生活用水タンクには40Lの水を

  汲み出発。

 最初に立ち寄ったのが”八雲パノラマパーク"

 

 

リンの時からよく寄っているのだが、道央道八雲PAがハイウェイオアシス化となってから綺麗に整備

されている。

 

雲パノラマパークからしばらく走り昼は昨年も行った伊達の

"そば順"さんへ。
相変らずの人気店で今年も運良く駐車場にも停められ待たずに済

んだ。今年は"たこ天そば""たこ天ざる"を注文。

筆者はわがままを言ってたこ天を別皿にしてもらった。

昨年食した"たこ天丼"も良いのだが、やはり名物とも言われてい

る蕎麦はこしがあって歯ごたえもよくとても美味い。

 

 

 

 道の駅"フォーレスト276大滝"に立ち寄り旬であるプラムを購入し

  食すと同時に台風情報のチェック。

  今年の道内観光はどちらかと言うとマイナーな所を多く取り入れており

  次に向かったのは洞爺湖から唯一の流出口と言われている"そうべつの滝"

  駐車場から遊歩道が整備されており滝壺間近まで行ける。
  落差も20m程あり水量も多く滝見台周辺にも水しぶきがすごくダイナミ

  ックな滝だ。とは言ってもこの滝は自然の滝ではなく人工的な滝。

 洞爺湖の水を排水口から放流施設から水量を調整しながら流しているとの事だ。

 

 

 

爺湖を一望できる展望台として有名なのが"サイロ展望台"今年我が家が行ったのは

"月浦展望台"国道沿線からちょっと入った所に駐車場があり案内板を見落としてしまい

そうになるのだが駐車場から階段を上ると展望台がある。

この眺めはサイロ展望台よりも良いのでは?と思えるほど視界が広く、洞爺湖やその中央に浮かぶ中島は

もちろんの事、温泉街や昭和新山まで見る事ができる。

 

 

の駅”そうべつ情報館”に立ち寄り、再度台風チェック。
やはり翌日は道内全域天気が悪く、上陸もしくは通過は確実なのでここでまた考える。
"Wathernews"ではこの時点で洞爺湖周辺はこれから雨が降る予報。
留まるか?先に進むか?
行けなくは無いが、我が家の道内旅行のスタンスとして長年、

日/250Km以上は移動しない、なるべく高速は使わない、18時以降は運転しない、
壮瞥から高速で帯広に向かったとしても約280Km。
既に16時を廻っていたのと今後の天気を考えても到着するのはかなり遅くなる。
予定通り支笏湖経由で"道の駅花ロードえにわ"に向かう事にした。

深夜から雨も本降りになり翌日に備える。        

 

道の駅 花ロードえにわ / 温泉 恵庭温泉 ラ・フォーレ / 水 七飯岳の湧水 /   

カッコ立ち寄った道の駅カッコ フォーレスト276大滝、そうべつ情報館i

 

          

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
にほんブログ村のランキングに参加しています。
すばらしいキャンピングカーや写真がたくさんあります。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


2017-旅犬 初秋の北海道旅 Vol.1【東京〜青森〜函館】 

                   自宅〜青森〜津軽海峡フェリー〜函館                         .

 

2017/09/15(金)〜16(土)

画像はクリックすると大きくなります。

 

 さて、

 

 年でキャンピングカーでの渡道は12回目。

 台風18号が接近し、12回ともなると数回は同じような経験もあったが

 それでも今まで最高な旅が続いてきた。

 それはおそらく今年もそうであろう。と北海道に寄せる期待が大きい

 のは当然である。

 

 

 

9/15(金)東京を20時に出発し外環道〜東北道をひたすら走り続け

る。流れは良いのだが3連休前のせいかSA、PAは結構埋まってお

り深夜になるに連れ車中泊車が増え、以前は眠気もなくそこそこ

走り続けたのだが、ココ数年は日常生活でも23時を過ぎると睡魔

に襲われる事が増えてきた。"眠眠打破"を補給し更に走り続けるもこれも気休め程度で既に限界に達しており、仮眠をとSA、PAに

入るがほぼ満車状態。"次で"を繰り返しようやく宮城県志波姫PA

で仮眠。ココまでくればかなり楽である。

 

  7時に再び走り出し11時に青森に到着。 

 出航は14:20分なので数年ぶりに青森FT近くの"らーめん大地"さんで 早めの昼食を取る事にする。

 "味噌ラーメン""濃厚煮干しチャーシューメンを注文。

 それぞれ好みがあるのだが、筆者の場合、ラーメン屋で"煮干し系" "魚介系"があると必ず注文をする。

 ちなみに"味噌”"塩"は好まない。とてもおいしくいただき青森フェリーターミナルへ。

 乗船手続きとキュートのトイレと散歩を済ませしばらく駐車場で待機し乗船待ち。

 

  

 

年の帰りはペット同伴ルームを予約したのだがキュートが室内

の臭いが相当気になった様で乗船中ずっと部屋の臭いを嗅ぎまくり

落ち着かず、また自分は潔癖症では無いのだが個人的にちょっと

あの部屋のビニールシートのベッドで横になるのが気が引けてしま

ったのとキュートも車内の方が落ち着くのでは?と思い今年は往復

内に残す選択をした。

青森はかなり涼しかったが車内のエアコンを25℃設定でドライ運転

でキュートは留守番。

 

我々は今年も個室を予約していたので部屋へ。出港前に部屋の風呂に入り筆者は爆睡。

3時間40分1度も目が覚めず函館に到着。

ランディに戻ると、キュートも爆睡していたらしく慌てて起きてきた様だ。

 

  

 

 

船後、キュートにごはんを食べさせ、恒例の "函太郎"さんへ。

 いつもは本店へ行くのだが、今年はFT近くの上磯店へ。

 今回は運良く 待たずに案内され、着席と同時に注文。

 いつもブログにコメントをしていただいている地元の

 "aomori.nさん"曰く、最近は味が落ちたような・・・。

 と言う事だが回転ずしではあるが、高くても一皿800円程度なので、

 値段も気にせず、しかも東京ではこの値段では食べれないので

 我が家からして見ればとても有難い店だ。

 

 

もう食えないなぁ〜。と言うくらいタラフク食し、この日は函館FT宿泊駐車場にP泊。

寝る前に台風の進路を確認しどのプランで進むか散々悩み眠りについた。

 

        

駐車場 函館フェリーターミナル宿泊駐車場

 

          

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
にほんブログ村のランキングに参加しています。
すばらしいキャンピングカーや写真がたくさんあります。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


2017年 12回目の北海道ツアーは・・・・。

さて、

 

無事フェリーの予約が完了し今年も青森〜函館航路。

 

昨年、何で毎回函館からなんですか?
と言う質問があったが、
おそらく今後何回北海道へ行くのかわからないが、
10時間以上フェリーに乗っているのは無理かなぁ〜。

 

個人的にスタートは「函館から」っていう
変なこだわりがあるかもしれません

 

4時間が限界で実は船、苦手なのかも、
飛行機も苦手だし

 

行程もいくつか練ったのだが、
今の所は2009年に行った時のコースをベースに
組み替えてみた。

 

毎年この時期に北海道のこと書くと、色々言われてしまい、、、
何たって清水タンクに湧水汲んだだけで叩かれてしまうので
あまり多くは語らずでいこうと思っています。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
にほんブログ村のランキングに参加しています。
すばらしいキャンピングカーや写真がたくさんあります。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


| 1/2PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

NINJA Tools

categories


recent comment

        

selected entries

        

archives

links

profile

        

メールフォーム

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM